新田論が『目覚めよ! 日本人!』と呼びかけています

平和な人間社会が叫ばれて、一体どれほどの時間が過ぎただろう。

残念ながら、未だに、平和な人間社会は実現していない。

それどころか、ますます、戦争を繰り返す人間社会の様相を呈している。

そして、公正な人間社会が叫ばれて、一体どれほどの時間が過ぎただろう。

残念ながら、未だに、公正な人間社会は実現していない。

それどころか、ますます、不条理な人間社会の様相を呈している。

そして、平等な人間社会が叫ばれて、一体どれほどの時間が過ぎただろう。

残念ながら、未だに、平等な人間社会は実現していない。

それどころか、ますます、差別が横行する人間社会の様相を呈している。

まさに、人間とは、本音と建前を使い分ける生きものである証明だ。

まさに、平和という建前を叫びながら、戦争という本音を実行する。

まさに、公正という建前を叫びながら、不条理という本音を実行する。

まさに、平等という建前を叫びながら、差別という本音を実行する。

まさに、差別・不条理・戦争といった本音など、もうたくさんだ!

ましてや、平等・公正・平和といった建前など、もうたくさんだ!

果たして、人類は過去からの科学や、宗教や、哲学の教えによって、この先、差別・不条理・戦争と訣別することが出来るのでしょうか・・・・・。

まさに、21世紀の今を生きる私たち一人ひとりが、知性を有した人間として、謙虚に、本音と建前を使い分けていることに目覚めることが出来るのでしょうか・・・。

  

物理学者 スティーブン・ホーキングは、彼の著書「ホーキング宇宙を語る」の締め括りで、「今日まで、科学者はずっと、宇宙が何であるかを説明する新しい理論の展開に心を奪われていて、なぜ''と問うことができないでいる。

一方、なぜと問うことを商売にしている人たち、つまり哲学者は科学理論の進歩についていけないでいる。

十八世紀には、哲学者は科学を含めた人間の知識の全体を自分たちの持ち場と見なし、宇宙にははじまりがあるか、などといった問題を論じたのだった。

しかし、十九世紀と二十世紀には、科学は哲学者、いや少数の専門家以外のだれにとっても、あまりにも技術的、数学的になりすぎた。

哲学者は探求範囲を大幅に縮小し、今世紀のもっとも有名な哲学者であるヴィトゲンシュタインが、『哲学に残された唯一の任務は言語の分析である」と言うほどになった。

アリストテレスからカントに至る哲学の偉大な伝統からの、これは何という凋落ぶりだろう。

しかし、もしわれわれが完全な理論を発見すれば、その原理の大筋は少数の科学者だけでなく、あらゆる人にもやがて理解可能となるはずだ。

そのときには、われわれすべて-哲学者も、科学者も、ただの人たちも-が、われわれと宇宙が存在しているのはなぜか、という問題の議論に参加できるようになるだろう。」と・・・・、

 

そして新田論が続けます。

 

まさに、スティーブン・ホーキングが云うところの、“あらゆる人にもやがて理解可能”な宇宙とは、“静止の暗闇と沈黙と無臭と無味と無触覚の世界”の実在宇宙に他ならないのです。

まさに、彼が云うところの、“あらゆる人にもやがて理解可能”な宇宙とは、“静止の無五感の世界”の実在宇宙に他ならないのです。

まさに、彼が云うところの、“あらゆる人にもやがて理解可能”な宇宙とは、“静止の無私の世界”の実在宇宙に他ならないのです。

まさに、現代科学者は本末転倒している。

つまり、「あまりにも技術的、数学的」とは、過去・現在・未来という水平世界の「あまりにも遠い」ことを、「あまりにも技術的、数学的」と云っているだけで、『今、ここ』という垂直世界の「より高い(深い)」ことに関しては、「あまりにも無知」なのです。

ただそれだけの思い違いです。

二十一世紀のキーワードは、「より高い(深い)宇宙観(世界観)」です。

まさに、「より高い(深い)宇宙観(世界観)」とは、垂直宇宙観に他なりません。

  

さらに新田論は掘り下げて、

 

もしわれわれが完全な理論を発見すれば、その原理の大筋は少数の科学者だけでなく、あらゆる人にもやがて理解可能となるはずだ。

そのときには、われわれすべて-哲学者も、科学者も、ただの人たちも-が、われわれと宇宙が存在しているのはなぜか、という問題の議論に参加できるようになるだろう。

言い換えれば、われわれすべて-哲学者も、科学者も、ただの人たちも-が、垂直世界観を体得できるのです。

更に言い換えれば、われわれすべて-哲学者も、科学者も、ただの人たちも-が、女性社会を中心にして、

「宗教と科学を超えた価値観」と「支配・被支配二層構造と世襲・相続の差別社会を超えた価値観」と

「悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖を超えた価値観」と「差別・不条理・戦争のない社会」を四辺にしたスクウエアー(正方形)構造の社会を生み出すことができるのです。

まさに、現代科学者には女性が圧倒的に少ない所以です。

更に、われわれすべて-哲学者も、科学者も、ただの人たちも-が、悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖の一生を解放できるのです。

差別・不条理・戦争のない人間社会を生み出すことができるのです。

まさに、原爆を生んだ現代科学者は女性ではない所以です。

なぜならば、われわれすべて-哲学者も、科学者も、ただの人たちも-が、われわれと宇宙が存在しているのはなぜか、という問題の議論に参加できるようになることこそが、『今、ここ』という垂直世界を実現できる唯一の道だからです。

言い換えれば、われわれすべて-哲学者も、科学者も、ただの人たちも-が、われわれと宇宙が存在しているのはなぜか、という問題の議論に参加できるようになることこそが、わたしたち人間を、『今、ここ』を生きることを実現させてくれる唯一の道だからです。

まさに、われわれすべて-哲学者も、科学者も、ただの人たちも-が、われわれと宇宙が存在しているのはなぜか、

という問題の議論に参加できるようになることこそが、わたしたち人間社会から、悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖、差別・不条理・戦争、といった罪的側面を解消してくれる唯一の道だからです。

そして、その最大の鍵が、『今、ここ』を生き切ることに他ならないのです。

まさに、垂直宇宙観が、実在世界を実現できる唯一の道です。

まさに、平等・公正・平和といった建前など、もうたくさんだ!

高等数学をベースにした科学が、

19世紀から巾を利かすようになった。

その結果、高等数学についていけない哲学者たちは、古代ギリシャ以来、すべての学問の中心になっていた哲学を、

隅に自ら追いやってしまったのです。

自業自得です、なぜなら、哲学自体が一般人間にとって極めて難解な近代哲学にしてしまったからです。

誰にでも理解できる哲学こそ、真の哲学であり、近代哲学が目差すべき目標だったはずです。

組織の時代から個人の時代へと移行する21世紀、哲学そのものが「古代哲学」→「近代哲学」→「新代哲学」への移行が求められ、そして、ただの人たちが、哲学者から、科学者から、宗教者から、人間と宇宙の問題を議論する主役を、取って替わる世紀へと、一緒に動き始めましょう・・・

 

更に続けて、

 

何故人間だけが、悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖に苛まれる一生を送るのか?

何故人間だけに、生まれた時から王を継承する子供なのか、生まれた時から一般庶民の子供なのかの違いがあるのか?

何故人間社会だけに、差別・不条理・戦争があるのか?

これらの疑問は、イエス・キリストが誕生した2000年前から現在に至るまで、いまだに、解決したことはありません。

人間社会は何かがおかしい。人間の考え方はどこかおかしい。

 

これらの疑問に対する解答が、平成22(2010)年9月11日脱稿の『全人類に告ぐ』だ。

 

English Version is now up "Announcement to men"   JULY 22 2012   SATOSHI NITTA

 

 

平成セミナーや新田論氏お問い合わせはこちらから何なりとお申し出ください。